中国人観光客の爆買いのなくなる日は近い

2014-07-08 15.54.47
LINEで送る
Pocket

2014-07-08 15.54.47 

 中国人観光客の爆買いが話題になっていますが、これが注目されたのは2014年。つまりまだ、2~3年くらいしかない極めて新しい現象です。中国人観光客は一人あたり消費額が約30万円、買い物額が約17万円と言われます。(観光庁「訪日外国人動向調査」2015年4月~6月)すごい数字です。中国人観光客はどんどんと増えていますからこの傾向が続くと、日本の百貨店やドラッグストアなどは大いに潤います。廃れていた南部鉄器などもこの中国人の爆買いによって、息を吹き返しました。問題は、これがいつまで続くのか、です。

中国は人口が多く、これからさらに新たな観光客が来ることや中国の税制の問題、さらには中国での商品の信頼の問題があるので、この爆買いは長期にわたって続くと見る人もいます。低迷を続けていた百貨店などは中国人観光客の免税品の爆買いが救世主となっています。長期にわたるとみて、外国人向けの売り場を大幅に増やしているところもあります。

まだ2~3年しか経っていないこの爆買い現象ですが、すでに変化が起きています。まず、一人あたりの購買額が減っています。2~3割減っていると言われます。そして高級品をたくさん買う傾向が薄れ、日常品を買うようになっています。南部鉄器は、これで湯を沸かすとお茶が美味しいと言われ、本物志向の中国人観光客に飛ぶように売れました。5万円くらいの価格設定だったのが、需要と供給のバランスも崩れ、10万円、20万円のものが売れまくったのです。しかし、徐々にこのブームも収まりつつあり、店によっては在庫を抱えそうです。ここ1~2年が異常であったといえます。

爆買いに不利な要因が出てきています。

まずはなんといっても中国経済の低迷です。中国経済は凄まじいばかりの発展を遂げましたが、バブル的要素もかなりありました。中流階級も増えてきて、これが訪日観光客の多くになっています。彼らの資金の中には不動産なども含まれます。大都市では不動産がどんどんと値上がりし、億を越える価値のマンションを所有する人も珍しくありません。そうした資産を担保に相当なお金を得ることができたのです。そうした経済構造が崩れつつあります。株価も下がる中では、やはり使える資金も限られてきます。中国人が「特別」という時代はさりつつあります。

円高も進んでいます。アベノミクスの成果かどうかは別にして、安倍内閣になってから円安が進みました。外国人旅行者からすれば、「日本のものは安い」と映りました。しかし、2014年後半から2015年前半くらいまでは1元が20円くらいだったのが、今は17円位になっています。消費を落とします。

また中国政府は、海外で購入した商品を国内に持ち込む際に課す関税を引き上げました。中国財務省などによると、対象は、入国する個人の荷物や郵便物に対する関税で、これまでの4段階(10~50%)から3段階(15~60%)に変更しました。海外での消費を減らそうという中国政府の意図でしょう。

中国の輸入品にはいくつもの税金がかけられます。「関税」「増値税」「贅沢品などにかかる税」の3つの税です。だから海外に行って持ち帰る方が安くなるという構図でした。しかし、海外で購入して持ち込むものにも関税がかなりかけられるとなると、そのメリットは減少します。わざわざ海外にまで行って買い物をするまでもなくなるのです。

また一時期の心理的な開放感も爆買いを引き起こす要因でした。それが徐々に薄れてきます。これは中国人旅行者が「普通」になるということです。おそらく異常なまでの爆買いがなくなり、普通の観光客の買い物になっていくのです。爆買いという言葉もかなり早くなくなると思います。来年くらいにはもうなくなっているかもしれません。

ただ、訪日観光客の数はまだ増え続けるでしょう。中国からの観光客数も減るとは思えません。全体としては、外国人の観光客対策は必要でしょうが、ここ2~3年の爆買いを想定していてはだめだと思われます。

LINEで送る
Pocket

関連記事

  1. 2015-01-05 12.13.14-3

    訪日外国人急増に対応すべき12の課題

  2. %e6%9c%a8%e8%a3%bd%e5%ae%b6%e5%85%b7%ef%bc%94

    国産の木材で温かみのある家具を~日本の木製家具の文化を守り、育てる木工アーティストたち

  3. キャナルアートC

    美しい街には魅力的な水辺がある~名古屋にてキャナルアートミーティング「世界運河会議に向けて」

  4. 2015-01-05 12.13.16-17

    海外での鉄道ビジネスは将来の経済成長の起爆剤

プロフィール

2016年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP